スポンサーサイト

  • 2017.01.10 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    Q's Calendar :明後日は「中秋の名月」ですね。

    • 2016.09.13 Tuesday
    • 20:00

    JUGEMテーマ:四季折々

     

    どもども。サワヤマです。

    気が付いたらブログを3本抱えることになって、こちらは久しぶりの更新になってしもた。なははは。

     

    さて、9月も中旬ですね。まだまだ暑い日がありますが、天気図などを見ているとしっかりと秋雨前線が列島をぶった切っていたりして、季節はすっかり秋になっているんだなぁ、という気がする今日この頃。

     

    ところで、あなたは9月と聞くと秋だなぁ?と思います。まだまだ夏のうちでしょ?って思います??
     

    サワヤマは子供のころから「9月=秋」、と思っておりました。月遅れのお盆が済んだらもう秋の気配を感じ取っていた様な気がします。そう、立秋あたりなんですよね。そのころって。

     

    それはさておき。

     

    今日(9/13)は放送をお届けしてする日。旧暦では葉月(8月)の13日。今夜は十三夜ですね。

     

    旧暦では、文月、葉月、長月が秋の月とされています。それぞれを初秋・仲秋・晩秋に分けて、葉月8月は「仲秋」。そう、今月15日(明後日)の月は「仲秋の名月」なんですよね。

     

    ただ、暦由来の満月と、天体由来の満月は実際にはズレがあって、今年の葉月でいうと、天体由来の満月は17日のようですね。17日の月といえば「立待月」。

     

    お月さまっておいしいのかにゃ? by 茶々丸

     

    その昔、灯火(ともしび)と言えば蝋燭などの「火」しかなかった時代。そのころは夜の明るさを決定付けるのは月の存在だったわけですよ。ということは、日が沈んだ後、月が出てくる時間と言うのはとても重要な関心ごとだったというわけですね。

     

    だからでしょうか、月の呼び名も月が明るい時期は毎日のように付いています。

     

    13日が十三夜。14日は小望月。十五夜は満月または望月。16日は十六夜。

    17日は、月の出はまだかまだかと立って待つから「立待月」。

    18日は立って待つには疲れるから、家の中で待つ「居待月」。

    19日ともなるとかなり月の出が遅くなるので、寝て待つ「寝待月」。

    20日はもう夜が更けてから出るので「更待月」などなど。

     

    言葉に月の明かりを待ち遠しく思う、古の人々の息遣いを感じませんか?こういうの、いいですね。

     

    ということで、ここで一句。そうそう、俳句の世界では「月」は秋の季語なんですね。

     

    亡き母を 月に見立てて 声をかけ(休)

     

    お後がよろしいようで。

    スポンサーサイト

    • 2017.01.10 Tuesday
    • 20:00
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM